本文へスキップ

             

電話でのお問い合わせはTEL.0136-46-3715

〒048-1712 北海道虻田郡留寿都村字豊岡251-6

深草窯からの眺望

               「留寿都 深草窯」
京都伏見の北東部に位置する「深草」は古くから土器をつくる士師部(はじべ)の居住地で知られています。千利休の頃には茶陶器も焼かれるようになり「深草焼」として知られていました。この歴史ある地で「深草窯」を開窯以来作品を創り続けて参りましたが1991年に北海道の自然に魅せられ留寿都村に窯を移築しました。どこまでも澄みきった大空、名水で知られる京極を東にニセコ連峰を西に一望する大地、大自然の厳しさと優しさに抱かれ一作一作時の流れに逆らわず「五大」(地大・水大・火大・風大・空大)を取り入れて焼く器の感触をお確かめ下さい。

atelier 工 房

  新しいピザ窯が完成しました
イメージ

   

   
イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   

イメージ

   


The history履 歴

 
今 村 史 朗
1951年
京都に生まれる
1976年
京都府立陶工専修校卒業
1977年
三重県伊賀焼窯元
1979年
「三田窯」で修業
1981年
京都・深草に「深草窯」を開窯
1991年
北海道留寿都村に移住
 
「留寿都・深草窯」を開窯

shop info店舗情報

深草窯

〒048-1712
北海道虻田郡留寿都村字豊岡251-6
今村史朗
TEL:0136-46-3715

circle_bosyu.htmlへのリンク